趣味と日々の記録。

道楽日記
http://potauma.blog130.fc2.com/  presented by キリサキ

カテゴリ



FC2カウンター



最新記事



リンク


このブログをリンクに追加する


韓国映画回顧録(最弱)

2013/02/13 12:12|徒然TB:0CM:0
なんとなく思い出したもので。

回顧録と言っても、私が今まで見た韓国映画はたった2作品のみ。
『JSA』と『グエムル』

韓国映画はたぶん、雰囲気で見ればとってもいいと思うよ!こまけぇことはいいんだよ!映像は綺麗ですし。

以下はうろ覚えだが超絶ネタバレ含みますので、未鑑賞の方はご注意下さい。


















『JSA』
Joint Security Area という、韓国と北朝鮮の軍事境界線にある共同警備区域で、両国軍の兵士がひょんなことから仲良くなり、こっそり親交を深めるが…という話。

ぶっちゃけすごくよかったです。まだ韓流という言葉がなかった(知らなかっただけかも)時だったので、素直に見れました。
両軍2名ずつ、4人の兵士が、小さな小屋(休憩所なのか詰所なのか)で、国を忘れて人間として笑い合い、両国の現状を憂い、時には反発し。ここだけでも見る価値はあります。

印象に残ってるのは、調査委の女性軍人が超綺麗なのと、チョコパイ。
韓国の兵士が北朝鮮の兵士にチョコパイをお土産に持ってきたんですね。恐らくロッ…。
北『おまえんとこのチョコパイうめぇ』
韓『よかったらうちに逃げてこいよ。チョコパイ食べ放題だぜ』
みたいなことを言うと、北朝鮮の兵士はとたんに険しい顔をし、チョコパイを吐き出します。口一杯に頬張ってたのを丸々。
北『うっせ!うちでもそのうち美味いチョコパイ作ってやる!マンセー!』
あぁ…北の馬鹿…!
でも、両国の深い溝がよくわかる。イデオロギー云々も、自国への誇りも、切ないほど伝わってきます。
当時はチョコパイ勿体ねぇと思ったんだがね。


最後は、小屋に他の兵士が偶々なのか、怪しんでなのか、入ってしまって、銃撃戦になり殺し合いになってしまう。
直前まで笑い合っていたのに、バレてしまったらお互いタダでは済まないのを考えたのか、それとも本来の姿を思い出したのか、その両方か、殺し合いを演じてしまったわけです。

生き残った兵士を聴取するのが前述の超綺麗な女性軍人(韓国系スイス人という設定らしいが…米軍人?)なのですが、それぞれの供述が食い違う、というのが冒頭の話。

たぶん今見たらいろいろツッコミどころもあるかもですが、これは泣ける。ヒューマンだなあ。
キャストはお馴染みイ・ビョンホン、ソン・ガンホ。ソン・ガンホは演技に定評があるようです。次に書く『グエムル』でも主演をされてます。












『グエムル-漢江の怪物-』
『JSA』から十数年後、機会があったので見てみました。
CMでSFパニック映画っぽくて気にはなってたので。


うん、流石にツッコまざるにはいられない。
冒頭からなんでやねんの嵐。
取り敢えずそれは置いといて。

廃棄物垂れ流した結果生まれたクリーチャーが、人を襲いまくったり備蓄食糧として生け捕りにしたりして、ある一家の娘を拐ったから一家総出でクリーチャーフルボッコしたりされたりする話。

パニックコメディという分類があるならまさにこれ。クリーチャーとかのSFXを『ロード・オブ・ザ・リング』の人が作ってるだけあって、確かにすごい。クリーチャー(グエムル)もドえらい異形で恐すぎだし。
ただしヒューマン、てめーらは面白すぎだ。この一家の日常だけでコメディホームドラマができる。
抜きん出て面白いのはソン・ガンホ演じる主役のカンドゥという男。
金髪の半ニートで、実家の店番を手伝ってはいるが計算が超怪しい。数を数えられないっぽい。
けど妹はアーチェリーの五輪選手で、弟もまともな会社員、父ちゃんは一人できの悪い息子に頭を痛めている。
一番驚いたのが、中学生の娘がいるということ。最初は末の妹かと思ったよ。
この娘がグエムルに拐われるわけです。

いろいろ書こうかと思ったけど、ちょっとあのコミカルさを表現できませんでした。

こんなマヌケな主人公見たことないくらいですが、なぜか憎めない。家族も結構罵るけど見捨ててない。愛すべき馬鹿。
けどやる時はやるよ!クリーチャーを鉄パイプでぶっ刺すくらい急にやる夫になるよ!
娘は死んじゃったけど、一緒に飲み込まれてた子供と何故か仲良く暮らしてめでたしだね!化物がまだ生きてるような気がしたけどそんなことはなかったぜ!

雑に書いたが、間違ってはいないはず。
真面目に見なければ面白いと思います。矛盾とか変なとこが気になってイライラする人にはオススメできない。
ちょwwないわwwwという気持ちで見ると幸せになれます。

ソン・ガンホは『JSA』で見た時は中年みたいに見えけど、『グエムル』じゃそんなに歳いってなかったな。もう一人の兵士の方だったのかな?わからん。






ここまで読んでいただいた方、ありがとうございます。
そしてあなたに伝えたいことが2つあります。

一つは、映画はあんまり真面目に観ちゃダメ。
もう一つは、このブログも真面目に読んじゃダメ。

ほいたらまたのー。
スポンサーサイト

月別アーカイブ



 |  私事 | 徒然 | 育児 | 妊娠・出産 | レトロゲー | 素人DIY | 未分類 | メモ・考察 | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. 道楽日記
Powered by FC2ブログ.  template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.